気管支喘息とは

気管支喘息とは、アレルギー反応や細菌・ウイルス感染が原因で気管支に炎症を起こし慢性化した呼吸疾患です。
気管支喘息の特長は、とにかく発作がひどく、重度の人は過呼吸になり兼ねないと言われています。 その為、
気管支喘息
が原因で死に至ることもある非常に危険な病気です。基本的に気管支喘息の人は普段は何の症状もなく
生活することができます。

スポンサードリンク プライバシーポリシー


スポンサードリンク


気管支喘息といっても1つにくくられない

しかし、風邪を引くなど何らかの切欠で急に「ヒューヒュー」「ゼーゼー」といった呼吸をするようになります。

なかには慢性的なだけで音が鳴らない人もいますが、どちらも気管支喘息の部類に含まれます。

また喘息は夜間から朝方、空気が乾燥する季節に発生しやすく、寝不足になりやすい人も多くいます。軽度の場合自分で対処することができますが、重度の人は自分では対処することができず、気管支喘息といっても1つにくくられないのが特徴です。

あまりに咳が酷い人、痰が上手く出せない人は喘息の可能性が高いので、一度受診されることをおすすめします。

病院では2つの治療が良いされ、短期間の発作や軽度の場合、発作を落ち着かせる為の薬のみで済みますが、長期間に渡り治療しなければいけない症状の酷い人は症状を抑える為の治療を行う必要があります。

症状や体質によって処方される薬は異なる

軽度症状でよく使用される治療法は、テオフィリン製剤ベータ刺激薬気管支拡張剤、抗アレルギー薬、炎症を抑える内服ステロイド薬などありますが、すべて服用されるわけではなく、症状や体質によって処方される薬は異なってきます。

基本的にテオフィリン製剤や気管支拡張薬、抗アレルギー薬を使用する場合が多いです。ちなみに気管支喘息の症状薬の1つに、吸入ステロイド薬というものがあります。

これはその名の通りステロイドによる炎症を押さえる吸入薬ですが、現在の薬物療法の中で最も重視されており、早い効果を得ることができます。

またステロイドによる副作用を減らす為にスペンサーと呼ばれる吸入補助具を用いるので、安心できます。

もちろん、気管支喘息は普段の生活管理を気を付けるだけでも、ある程度改善することはできます。

ただし症状が酷い場合は自己管理だけではどうにもならない場合がありますので、症状が治まらない場合ははすぐに病院で診察を受けられて下さい。 比較的軽度の喘息持ちの方は、食事や睡眠をコントロールし、常に室内を綺麗にしておく必要があります。

なかでもアトピー型と呼ばれるアレルギーの傾向が強い人は特に環境整備に気を使いましょう。

口で呼吸している方は鼻呼吸を意識してみよう

また風邪によって引き起こされることが多い為、風邪を引かないよう体調管理に気を付けることも大事です。
口呼吸を鼻呼吸に変えることでも大きく改善されるので、口で呼吸している方は鼻呼吸を意識してみましょう

慣れるまで息苦しいですが、鼻呼吸にすることで口から細菌アレルゲンを直接体内に送り込む確立が
減りますので、喘息効果があると言われています。

逆に慢性的にが出る人は、これらの方法だけでは改善されにくい可能性がありますので、
医師の指示に従い正しい対策していきましょう。

 スポンサードリンク

気管支喘息は、とにかく発作がひどいのが特長